そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか


そもそもレーシックってどんな治療なのか
レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。




そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2018年08月13日

あたしは、農家の三女として生まれた。
両親はさぞかし男の子を期待していたことだろう。

農家の嫁でありながら、男の子を産めなかった母親。
あたしが、もし男だったなら、
母親にはもう少し明るい人生があったかもしれない…

物心ついた頃から、あたしは祖母のそばにいた。
祖母はいつも母親の悪口を言っていた。
幼い頃から聞かされていたので、あたしも母親がきらいだった。
汚い、臭い、気がきかない…そういった言葉だった。

あたしが小学生の時、学校からの帰り道、
今にもあめが降り出しそうな午後だった。

遠くに人影が見えた時、嫌な予感がした。
だんだん近づいて来る…
やはり母親だった。

「わあい、お母さんだ」
喜んでかけ寄り、かさを受け取る…
それが普通のお子さんの姿だろう。

「はい、かさ!」
あたしは、無言で母親からかさを受け取った。

母親は、お姉ちゃんたちのかさも用意していて
あたしとは反対の方向の学校へ向かっていった。

そのことがあたしにはせめてもの救いだった。
母親と並んで歩いて帰るなど、ぜったいに嫌だったのだ。

「今の人、お母さん?」
友人が聞く。
「うん」
あたしは、それ以上何も言いたくなかった。

もんぺ姿の母親を友人に見られたことが、
ずっしりと重くのしかかっていた。
母親はいつももんぺをはいて、汚ない格好をしていた。

母親はおしゃれな服など一枚も持っていなかった。
服を買うためのお金がないことも、
あたしはお子さんながらに知っていた。

あたしが目覚めた時、母親はすでにもんぺ姿である。
あたしが眠りにつく時、母親はまだもんぺ姿である。
もしかしたら、寝る時も、
もんぺをはいているのではないかと疑ったこともある。

母親のもんぺは、赤い模様があったが、
色あせて疲れているようだった。
そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
大切なのはレーシックの実績数
レーシック手術の割引制度を有効活用
もうコンタクトレンズは必要ありません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)タレントにも注目されているレーシック