もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません



もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:2014年04月24日


我が家には、今年3才になるお子様がいます。
連日、家の中を大声で叫びながら走っています。

仕事をしている時も、新聞を読んでいる時も、
掃除をしている時も…

「パパ~」「ママあ~」「ちょっと来てえ~」
バタバタバタバタ!! バタバタバタバタ ドスン!?
1日中こんな状態です。

思い返せば、1ヶ月ほど早くこの世に出てきた息子は、
おっぱいも上手に飲むことも出来ず…
60分おきに授乳をしなければならず…
1日ほとんど泣きっぱなし…
父親も母親も、
連日ふらふらになって生活していました。

「三ヶ月過ぎたら、ちょっとは楽になる見たい」
「6ヶ月過ぎたら、ちょっと落ち着く見たい」
連日、夫婦でそんな言葉を掛け合いながらここまで来ました。

おかげ様で、病院に走る事もほとんどなく、
至って健康で元気なお子様になりました。
お子様の健康ほどありがたいものは無いものです。

今年、お子様の写真を年賀状で見てくれた友人達は、
「大きくなったね~」「かわいい盛りやな」って、
口をそろえて言ってくれます。

もちろん、お休みの日、何もすることがない時間、
わがお子様ながら、かわいいなあ…としみじみ感じます。

だけど普段、
父親も母親もやらなければいけない事だらけです。
仕事、洗濯、食事、掃除、洗物…
時にそんなむすこに、声を荒らげて怒鳴りつける事もあります。

朝方、出かけないといけない時間なのに
遊びながら、なかなかご飯を食べないでいる時に
夫婦で大切な話をしている時に
あれしてこれしてと言い続ける彼に

「遊んでないで食べなさい!」
「やかましく、し・な・い・で!!」
「もう、あっちに行ってなさ~~い!」

3才の男の子です。無理ですよね。
でも時折、父親も母親も声を荒げてしまうのです。

もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません

★メニュー

安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
大切なのはレーシックの実績数
レーシック手術の割引制度を有効活用
もうコンタクトレンズは必要ありません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)タレントにも注目されているレーシック