もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません


もうコンタクトレンズは必要ありません
長いスパンで考えていくことで、レーシック手術よりもコンタクトの方が高くなってしまうことがあります。
またレーシックを受ければ半永久的にコンタクトレンズやメガネを使用しなくても裸眼で過ごすことが出来ます。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
コンタクトレンズを普段から使用している人の中でレーシックをしようか悩んでいる人も多いことでしょう。
実際にコンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがあるのです。

コンタクトレンズの使用者にとりまして、裸眼の快適さというのは大変魅力的なものとなるでしょう。
面倒くさいことが一切無くなるレーシックでコンタクトレンズを卒業してみてはいかがでしょうか?




もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:2018年05月18日

おれ達夫婦は
ちょうど10年目に入ったところです。

一週間前、おれは、
家内のはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

10年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、おれは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
とクチに出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という家内の言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

おれは、大学生の頃から、
指や腕にアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなおれも、指輪を買うことになりました。
今の家内と結婚するからです。

ところが、おれは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、おれは、
10年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その24時は、手首が痛くなりませんでした。

翌10時、起きてみても、変化はありません。

その24時。
次の10時。
そして、また、その24時…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はおれの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。

もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません

★メニュー

安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
大切なのはレーシックの実績数
レーシック手術の割引制度を有効活用
もうコンタクトレンズは必要ありません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)タレントにも注目されているレーシック