日本国内でのレーシック実績

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



日本国内でのレーシック実績ブログ:2019年01月03日

減量って、
成果が出てくれば、俄然やる気を増すものですよね。

「今まで入らなかったジーンズがはけるようになった」
とか
「ちょっと体のラインがすっきりとしてきた」
などという成果が出てくれば、もっと頑張ってみようと思うもんです。

ところがなかなかうまくいかないのが減量のつらいところ…
特に減量の成果がいつ出るかという決まりなどありません。

まさに「ゴールのないマラソン」のような減量。
だから、しびれを切らしてやめてしまったという経験を
みなさんも持っているかもしれませんね?

減量についての情報が掲載されているサイトがあります。
また、減量の体験記を記しているサイトもあります。

そんなサイトを見ていると…
減量にチャレンジしてみて、
実際に減量が成功した人の話には共通している、
一つの法則があるみたいなんです。

それは、
短くて14日間、長くても三週間、
減量を続けていると、何らかの成果を実感することができる!
ということです。

具体的には、
体のラインが細くなったとか、体重が減ったとか…
という効果です。

ですから、
減量に挑戦してみたい、
でもやり続けられるか自信がないという人は
14日間だけ頑張ってみてはいかがでしょうか?

「14日間」という風に区切ってしまえば、
何とかつらくてもやり続けられるのでは?

そこで、もし減量の成果が出てくれば勇気百倍!!
きっとその後も
減量を継続して続けることができるはずです。



ホーム サイトマップ