レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。



レーシックの手術方法を理解しようブログ:2019年01月03日

通常28日が理想とされる生理周期の中で、
シェイプアップに適した時期があるんですよね。

まず、生理初日を24時間目として
最初の1週間が「生理期」となります。

この時期は、
新陳代謝も衰え血行も悪く、体の調子もすぐれず、
むくみが出やすく、体重が増加しやすい時期。

痩せにくい時期でもありますので、
過激なシェイプアップは禁物。

いくらがんばっても効果を望めないばかりか、
かえってトラブルになる可能性もあります。

なので、体を温め、
炭水化物や脂質が不足しないように
注意することが大切です。

次に、生理期が終わると「卵胞期」を迎えます。
生理初日から数えて1週間〜12日前後です。

この時期は、
卵胞ホルモンの分泌が活発になるため、
体の調子も安定し、女性にとって一番生き生きと輝く時期です。

痩せやすいので、
シェイプアップを始めるのにも最適です。

そして、卵胞期が終わると、今度は「排卵前後期」となります。
生理初日から10〜18日前後で、
この時期も心身ともに安定し、シェイプアップに適しています。

効率的に痩せることができますので、
食事内容に気をつけながら、積極的に体を動かしましょう。

ただし、排卵日におりものが増えたり、
体の調子を崩す人もいますので注意が必要です。

排卵前後期が終わると、
次の生理までの間が「黄体期」と「生理前期」となります。

この時期は、黄体ホルモンの影響で、
体の調子も悪く、イライラしがち。
精神的にもかなり不安定でデリケートになります。

痩せにくく食べたものが脂肪になりやすい時期なので、
無理なシェイプアップはせず、
栄養のバランスを考えた食事をし、
ゆっくりとお風呂に入ったりしてリラックスを心がけましょう。


ホーム サイトマップ