サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
定期健診や再手術を無料でしてくれる病院もあるので大変お得です。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が思ったより回復してくれなかったり、視力が元に戻ってしまったりなども報告されています。

 

レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください。



サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶブログ:2018年07月12日

いろいろな減量法が流行っていますが、
みなさまは
「グレープフルーツ減量」って知ってますか?

グレープフルーツ減量の具体的な方法は…

朝…グレープフルーツを1個食べ、そのあとに豆乳をコップ1杯飲む。
足りなければ生野菜(野菜スティックなど)を食べる。
午後…普通の食事をする。
20時…グレープフルーツを1個食べ、そのあとに豆乳をコップ1杯飲む。
生野菜(野菜スティックなど)を食べ、足りなければ肉や魚を食べてもよい。 

このように1日3食きっちり食べる
健康的な減量法です。

グレープフルーツには
苦味成分の「ナリンギン」、
香り成分の「ヌートカン」「リモネン」が含まれていて、
それぞれ効能が異なります。

ナリンギンには食欲を抑えて満腹感が得られる効果、
ヌートカンにはエネルギーを消費しやすいからだにしてくれる作用や
脂肪を燃焼する成分を作り出す効果があるといわれてます。
さらに、リモネンは精神をリラックスさせ、血行の促進に効果があるようです。

また、グレープフルーツは
他のくだものとくらべると、果糖・ブドウ糖などの糖類が少なく、
カリウム・ビタミンC・ビタミンB群が多く含まれています。

中でもカリウムはからだにたまった余計な水分を
からだの外に排出してくれるので、
水分の代謝がよくなり減量に役立ちます。

このように、
グレープフルーツには
減量に向いている栄養素がたくさん含まれています。

もちろんグレープフルーツだけを食べていては、
栄養が偏ってしまうので注意が必要ですが、
減量の手助けをしてくれる食べ物と言えますね。




ホーム サイトマップ