サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
定期健診や再手術を無料でしてくれる病院もあるので大変お得です。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が思ったより回復してくれなかったり、視力が元に戻ってしまったりなども報告されています。

 

レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください。



サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶブログ:2019年01月14日

1週間くらい前の22時、
お父さんはひどく酔っ払って帰宅しました。

この日、お父さんの機嫌は良くなく、
また普段は超無口ですが、
酔うと同じことを何度も繰り返す…
うっとおしい状態になっていました。

そして、
「腹減った。メシ」
と、ウエストなんて減ってもないくせに、
母に言いました。

すると母は…
何を血迷ったか、冷めたハヤシライスをお父さんの前に出しました。

「こんな冷めたハヤシライス食えるか!」
と、少々怒りを感じたお父さん。

それを受けて、母はハヤシライスの皿を引き取って、
電子レンジに入れました。

…が、ここからが、問題行為なのです。

電子レンジに入れたかと思うと、
母は、温めを押して20秒もしないうちに取り出して、
温まってないハヤシライスを父親に出しました。

この行為に、
普段はとても大人しい(というか、何を考えているか分からない、無愛想な)
お父さんがキレてしまい…

「こんなもん食えるか〜」
と言うと同時に、茶碗や皿を投げつけました。

すると、怒りを逆なでするかのように
「あたくし、美味しく食べれるもん」
と、意味不明の弁解をする母。

お父さんの怒りは母に向かい、平手打ち!!

それを目の当たりにしたおとうとは逆切れし、
お父さんに向かって
「お前、男が女に手を上げるって、どういうことか分かってるんかぁ!!」
と、おとうとがお父さんを殴ろうとした瞬間…

「子どもが父母を殴るのはもっと最低な事や!!」
という、(おとうとが言うには)正義の心の声が聞こえ…

おとうとは自分の頬を
バッチンバッチンと自分で殴り始めたのです。

そんなおとうとの行動に
空いたクチが塞がらないお父さんと母は、
すっかりケンカをしていることすら忘れたようでした。


ホーム サイトマップ